ECサイト構築の方法とポイント

構築の手順と費用相場

ECサイトの構築は、目的やターゲットを明確にし、適切な手法とプラットフォームを選定することが成功の鍵となります。以下では、ECサイト構築の手順と費用相場について解説します。

目的とターゲットの設定

ECサイトを構築する前に、明確な目的とターゲットを設定することが重要です。目的とは、なぜECサイトを構築するのかを明確にすることであり、例えば売上拡大、ブランド認知の向上、新規顧客の獲得などが挙げられます。ターゲットは、ECサイトを利用する予定の顧客層を特定し、そのニーズに合わせたコンテンツや機能を提供するための基盤となります。

 

自社の強みと商品の特徴把握

自社の強みや競合優位性を把握し、それを強調するためのコンテンツやデザインを構築することが重要です。また、ECサイトで販売する商品の特徴を理解し、それを魅力的に伝える方法を考えることも大切です。顧客にとって価値のある情報を提供することで、競争力を高めることができます。

EC構築時の3C分析・ペルソナ設定・カスタマージャーニー作成

※参考資料:メルカート自社セミナー:『コミュニケーション設計の裏ワザ 売上アップとコスト削減!』より抜粋

リスクと可能性の評価

ECサイト構築には、リスクの可能性を正しく評価することが必要です。リスクとは、競合他社との競争や新しい市場への参入だけでなく、サイトセキュリティや不正利用など、失敗する可能性のある要因を指します。
一方で、ECサイト構築によって得られる可能性もあります。例えば、新たな顧客層の獲得やブランド価値の向上などが挙げられます。これらのリスクと可能性を踏まえて、計画を立てることが重要です。

構築手法の選定

ECサイトを構築する手法には、フルスクラッチ、パッケージ・クラウド・オープンソース・ASPの選択肢があります。パッケージ・オープンソースは、無料や有料で利用できるソフトウェアを使用してECサイトを構築する方法であり、柔軟性が高くカスタマイズが可能です。一方、ASPやクラウドは、カートベンダーが提供するサービスを利用する方法であり、セキュリティや運用の面での負担を軽減できます。

ECサイト構築プラットフォームの種類

フルスクラッチ、パッケージ・クラウド・オープンソース・ASPの比較

 
構築方法 特徴 利点 欠点
フルスクラッチ 自社で全ての機能を開発 独自の機能やデザインを追加可能、ブランドイメージに合わせたサイト構築可能 開発に専門知識と時間が必要、開発コストが高くなる場合がある
パッケージ 既存のソフトウェアを利用 簡単にECサイトを立ち上げられる、セキュリティや運用面の負担軽減 カスタマイズ性が一定程度制限される、特定の要件に対応できない場合がある
クラウド 提供元がホスティングや運用を行う セキュリティや運用の負担を軽減、スケーラビリティが高い カスタマイズに制約がある場合があり、データの管理が第三者に委託される
オープンソース 無料で利用できるソフトウェアを使用 カスタマイズが自由にできる、コミュニティのサポートや拡張性が高い カスタマイズに専門知識が必要、セキュリティリスクを考慮する必要がある
ASP カートベンダーが提供するサービスを利用 初期投資や運用コストを抑えられる、短期間でECサイトを立ち上げ可能 カスタマイズ性が限られる場合がある、独自の要件に対応が制約される

無料と有料プラットフォームのメリット・デメリット

オープンソースの中には無料で利用できるプラットフォームもありますが、無料であることだけが全てではありません。無料のプラットフォームは、カスタマイズに専門知識が必要な場合や、セキュリティ面でのリスクがある場合があります。一方、有料のプラットフォームは、ベンダーによる専門サポートが受けられるため、安心して運用が行えるメリットがあります。コストと利便性を考慮し、適切なプラットフォームを選択することが重要です。

ECサイト構築の費用相場

ECサイト構築の費用は、構築手法やプラットフォーム、カスタマイズの範囲などによって異なります。一般的なECサイトの構築費用相場は、数十万円から数百万円程度と言われています。ただし、特定の要件や複雑な機能を追加開発する場合は、それ以上の費用がかかることもあります。

EC構築の相場費用の料金表

 

ベンダー選定のポイント

ECサイト構築を外部のベンダーに依頼する場合、適切なベンダーを選定することが重要です。ベンダーの実績や評判、対応力やサポート体制などを検討し、信頼性のあるベンダーを選ぶことが成功のカギとなります。複数のベンダーから見積もりを取り、それらを比較検討することで、費用対効果の高いベンダーを見つけることができます。

 

資産計上と仕訳の考慮

ECサイト構築においては、費用を資産として計上し、適切な仕訳を行うことが必要です。ECサイト構築にかかる費用は、資産として未払い費用や前払い費用として計上されることが一般的です。仕訳の適切な記載と経理のサポートが重要であり、税務上のトラブルを避けるためにも注意が必要です。

見積もりの依頼と比較検討

ECサイト構築サービスを提供するベンダーやエージェントに見積もりを依頼し、それらを比較検討することで、適切なサービスを選択することができます。見積もりを依頼する際には、以下の点に注意してください。

ECサイト構築サービスの選定

見積もりを依頼するベンダーやエージェントは、経験豊富で信頼性のあるものを選ぶことが重要です。過去の実績や顧客の評価、提供するサービス内容などを確認し、信頼性のあるサービスを提供しているかをチェックしましょう。

 

セキュリティ対策と補助金活用

ECサイト構築においては、セキュリティ対策を徹底することが重要です。また、補助金を活用することで構築費用を軽減する方法もあります。以下では、セキュリティ対策と補助金活用について解説します。

運用ガイドラインの確認

ECサイトを運用する際には、セキュリティ対策を徹底するためのガイドラインを確認することが重要です。ガイドラインには、セキュリティに関する基本方針や取り組み内容が含まれており、運用上のベストプラクティスを示すものとなります。セキュリティに関する専門知識がなくても、ガイドラインに従うことで、一定のセキュリティレベルを確保することができます。

 

セキュリティ対策の実施方法

ECサイトのセキュリティ対策には、HTTPSの導入、ファイアウォールの設定、定期的なセキュリティアップデートなどが含まれます。HTTPSは、データの暗号化を行うことで情報漏洩を防止し、顧客情報の安全を確保します。ファイアウォールは、不正なアクセスをブロックするための防御策であり、外部からの攻撃に対してサイトを守る役割を果たします。定期的なセキュリティアップデートは、最新の脆弱性に対処するために重要です。これらの対策を実施することで、ECサイトのセキュリティレベルを向上させることができます。

 

運用時のセキュリティアップデート

ECサイトを運用する際にも、定期的なセキュリティアップデートを行うことが重要です。ソフトウェアやプラグインの最新版にアップデートすることで、既知の脆弱性への対処が可能となります。また、サーバーやネットワークのセキュリティ設定の見直しも必要です。運用中のセキュリティ対策を怠らないように心掛けましょう。

補助金を活用した構築

ECサイト構築にかかる費用は大きくなることがあるため、補助金を活用することで負担を軽減する方法も検討しましょう。地域や産業によって、ECサイト構築に対して補助金を受け取ることができる場合があります。補助金の活用方法については、地域の自治体や産業団体のウェブサイトなどで情報を収集しましょう。

IT導入補助金の概要

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助し、業務効率化・売上アップをサポートするものです。経営課題や需要に合ったITツールの導入によって、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていくことを目的としています。

 

ECサイト構築プラットフォームの比較 ~サーバー編~

ECサイトを構築するためには、適切なプラットフォームを選択することが重要です。プラットフォームにはさまざまな種類がありますが、主要なものとしてAWSやセールスフォースなどが挙げられます。以下では、主要なプラットフォームの特徴と利点について比較します。

 

AWSやazureによるクラウドコンピューティングでの構築

AWSやazureは、クラウドコンピューティングを提供するAmazonやMicrosoftのサービス名称です。ECサイト構築においては非常に人気のあるプラットフォームです。AWSやazureを利用することで、柔軟なスケーラビリティを実現できるため、需要の増減に応じてサーバーのリソースを調整することが可能です。また、高いセキュリティ性能や信頼性があり、顧客情報の安全を確保することができます。

AWSやazureによるクラウドコンピューティングの特徴と利点

AWSやazureによるクラウドコンピューティングの特徴として、以下の点が挙げられます。

  1. スケーラビリティ: 需要に応じてリソースを増減できるため、トラフィックの急増にも柔軟に対応できます。
  2. 高いセキュリティ性能: 世界的に信頼されるセキュリティ対策が提供されており、顧客情報の安全を確保します。
  3. 多機能: ECサイト構築だけでなく、データベース管理や分析など、さまざまな用途に利用できます。
  4. グローバル展開: 世界中にデータセンターを展開しているため、グローバル展開にも対応できます。

おすすめのECプラットフォーム

g、メルカート、ショピファイ

ランキングと評価の参考

ECサイト構築プラットフォームの選定においては、ランキングや評価を参考にすることが役立ちます。多くのユーザーから高評価を得ているプラットフォームは、信頼性が高いと言えるでしょう。また、利用者の口コミやレビューを参考にすることで、実際の利用者の声を知ることができます。

ITreviewの評価

各プラットフォームの特色

それぞれのプラットフォームには、特色や利点が異なります。例えば、某プラットフォームは初期費用が安く、某プラットフォームはマーケティング機能が充実しているなど、それぞれの得意分野があります。自社の要件や目的に合わせて、最適なプラットフォームを選定しましょう。

構築方法とプロセス

ECサイトの構築方法とプロセスについては、自社開発と受託開発の2つの選択肢があります。また、運営体制やマーケティング機能の検討も重要です。以下では、構築方法とプロセスについて解説します。

自社開発と受託開発の選択肢

ECサイトを構築する方法として、自社開発と受託開発の2つの選択肢があります。自社開発は、自社の開発チームがECサイトを開発する方法であり、細かな要件に対応することが可能です。一方、受託開発は外部の開発会社にECサイトを依頼する方法であり、専門知識や経験が必要な場合に利用されます。

コストと時間の見積もり

自社開発と受託開発のそれぞれには、コストと時間の面でメリットとデメリットがあります。自社開発は初期投資が大きいものの、長期的にはランニングコストを削減できる場合があります。一方、受託開発は初期投資を抑えることができるものの、開発期間が長引くことがあるため、スピーディなリリースを求める場合には向かないことがあります。

担当者と連携の重要性

ECサイト構築は多くの部署や担当者との連携が必要です。例えば、マーケティングチームが商品情報やキャンペーンのコンテンツを提供し、開発チームがそれを実装するなど、各部署が密に連携することで効果的なECサイトが構築されます。適切なコミュニケーションを確保し、スムーズな連携を図ることが成功への道です。

運営体制とマーケティング機能の検討

商品管理とSEO対策

デメリットを生かすマーケティング戦略

選定のポイントと失敗事例

ECサイト構築の選定においては、企業とサービスの評価に関する情報収集が重要です。また、トラブル回避のためには、運営側と業者の責任分担を明確化することが必要です。以下では、選定のポイントと失敗事例について解説します。

企業とサービスの評価に関する情報収集

ECサイト構築の選定においては、企業とサービスの評価に関する情報収集が不可欠です。ベンダーやエージェントの実績や評判、提供するサービス内容などを確認し、信頼性のあるサービスを提供しているかをチェックしましょう。また、実際に利用したユーザーの口コミやレビューを参考にすることで、リアルな評価を知ることができます。

成功事例と参考記事の調査

成功事例や参考記事を調査することで、他社の成功や失敗例を知ることができます。成功事例は成功へのヒントやベストプラクティスを学ぶことができる一方、失敗事例は同じ過ちを繰り返さないための教訓となります。ECサイト構築においては、他社の経験を参考にすることで、効率的な施策を立案することができます。

拡張性とサポート体制の比較

運営側と業者の責任分担

ECサイト構築においては、運営側と業者の責任分担を明確化することが重要です。契約やサービス提供に関する条件を明確にし、運営側と業者との間で納期や品質に対する合意を確認しましょう。トラブルを未然に防ぐためにも、契約書の内容には十分な注意を払いましょう。

トラブル回避のための事前準備

まとめ

ECサイト構築は、目的やターゲットの明確化から始まり、適切な手法とプラットフォームの選定、セキュリティ対策の徹底など、多くのポイントに注意を払う必要があります。成功のカギは、信頼性のあるベンダーやプラットフォームの選定と、運営側と業者の密な連携にあります。最新のトレンドやベストプラクティスを把握し、継続的な改善と適切な戦略の立案を行うことで、競争激化するEC市場においても上位を狙えるECサイトを構築することができます。

成功事例学びと今後の展望

継続的な運用と改善に向けて


構築・運用・サポート

売れ続ける仕組みが作れるECネットショップ制作サービスをお探しの方はメルカートへ

成功のノウハウを集めた
実例集プレゼント!

デモも
受付中


人気の記事

1分でわかるメルカート

個別相談会