ASPとは? ITにおけるASPの意味や導入メリット、SaaSとの違いを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページやECサイトの構築、あるいはリニューアルを検討する段階において、その構築方法には実にさまざまな種類が存在することに気付かされるかと思いますが、サイトの構築方法の中の一つに『ASP』と呼ばれるものがあります。

 

今回は『ASP』についての理解を深めていただくために、そもそも『ASP』とはどのようなものなのか、そして他の構築方法と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのかを徹底解説します。

   

ASPとは

はじめに、ASPという用語の定義やASPを実際に利用したサービスを具体的に見ていき、ASPに関する全体像を把握していきましょう。

 

ASPの意味

ASPとは『アプリケーションサービスプロバイダ』(Application Service Provider)の略で、インターネットを経由してソフトウェアやソフトウェア稼働環境を提供する事業者のことを指します。

 

元々は事業者を指す用語でしたが、それが転じて事業者が提供するサービスそのものをASPと呼ぶケースが増え、現在ではインターネットを通して提供されるアプリケーションやサービスそのものをASPと呼ぶのが一般的です。

このような経緯から『ASP事業者』などと用いられることもありますが、本来の用語の意味からすれば誤用といえます。

 

またECサイトの分野においては、ASPが提供するシステムを『ASPカート』や『ショッピングカート』と呼ぶこともあります。

 

ちなみに、『Affiliate Service Provider』や『Active Server Pages』のことをASPと略すこともありますが、『Affiliate Service Provider』はアフィリエイト広告の仕組みを提供する事業者のことであり、『Active Server Pages』はWebページを動的に作成する技術を指す用語なので、これらは全く別のものです。混同しないよう注意しましょう。

 

ASPを利用したサービスの例

近年のインターネット回線の高速化やwebブラウザの進化などを背景に、ASPは個人向け・企業向けに関わらず、多くの場面で活用されるようになりました。

個人向けでいえばGmailなどのWebメールや、iCloudなどのクラウドサービスもASPの一種です。

企業向けでは、システム開発環境や財務会計・給与計算・在庫管理・販売管理・グループウェアなど、幅広い分野でASPが利用されています。

 

ASPのメリット

ASPのメリット

 

ASPの概要が理解できたところで、ASPを導入することにはどのようなメリットや強みがあるのかご紹介します。

 

管理の手間が省ける

ASPを利用する場合、サーバーのメンテナンスやシステムのバージョンアップなどは提供事業者が実施してくれるので、ユーザーはシステム周りの知識や技術を必要とせず、管理・運用にかかる手間を抑えることが可能です。

 

また、ASPは複数のユーザーが利用することを前提にシステム環境を用意しているので、セキュリティ対策を十分に行っていることが多く、専門知識を必要とするセキュリティ対策を自社で実施する必要がない点も大きなメリットといえるでしょう。

 

コストを抑えることができる

自社でシステムを構築すると膨大な開発コストを要しますが、ASPを利用すれば自社でシステムを開発する必要がないので、低コストでサービスを開始することができます。

サーバーの維持費やシステムのバージョンアップによる買い直しなどもないため、ランニングコストを抑えた運用が可能です。

 

機能こそ制限されているものの、無料でサービスを提供しているASPもあるため、中小企業や事業規模の小さいECサイトにおいては、まずASPを導入してみるのも良いでしょう。

 

導入までの期間が短く済む

システムのサービスリリースまでのスピードが早いこともASPのメリットの一つです。

他の構築方法では、要件定義やシステム設計を経て、開発、テストと段階を踏んで構築していくため、長い開発期間を要するのが一般的で、開発している間にシステムコンセプトが時代遅れになる危険性があります。しかし、ASPであれば最先端のトレンドに合ったシステムをすぐに導入することができます。

 

ECサイトにおいては、ページのデザインをテンプレートから選択し、商品登録とテストを行えば、すぐに販売をスタートすることが可能です。

 

ネットワーク環境があれば操作が可能

ASPはソフトウェアをインストールする必要がなく、ブラウザ上からインターネット経由でアプリケーションを利用することが前提となっているので、インターネットに繋がる環境さえあれば、どこからでもシステムを操作することができます。

 

またパソコンに限らず、タブレットやスマートフォンなどの携帯端末からでもシステムを利用することも可能です。

 

ASPのデメリット

ASPのデメリット

 

前述のようにASPには多くのメリットがあり、魅力的な構築方法ではありますが、いくつかデメリットも存在します。導入の際には、デメリットも知った上で検討を進めていくことが大切です。

 

機能拡張(カスタマイズ)が難しい

ASPはそのサービス形態の特性上、不特定多数のユーザーや複数の企業が利用することを前提としているため、提供される機能は多くのユーザーに対応できるよう一般化されたものとなっています。

つまり各企業に合わせた独自機能には対応しておらず、機能の拡張性やカスタマイズ性に乏しいのがASPのデメリットです。

 

導入後に機能不足に気づくことがないよう、あらかじめ必要な機能や導入目的を明確にした上で、それらの要件に合致したサービスを選択することが重要なポイントとなります。

 

共有サーバーを使用するリスク

ASPは複数のユーザーがサーバーを共有することで低コストを実現していますが、共有サーバーを使用するリスクについてはよく考えておかなければなりません。

例えば、個人情報や重要データが流出してしまう可能性や、サービス提供事業者の倒産や突然のサービス停止により、システムが利用できなくなるといったリスクも考えられます。

 

ASPを選定する際は価格の安さに目をとらわれずに、セキュリティ対策などに力を入れた信頼のおける企業のサービスを選ぶことが大切です。

 

ネットワーク環境がないと使用できない

ASPはクラウド上のデータにアクセスする仕組みなので、インターネットに接続できなければシステムを使用することはできません。

また回線の状況によって動作が不安定になったり、データの読み込みに時間がかかったりといった不具合が生じることがある点は留意しておく必要があります。

 

クラウドやSaaSとの違い

ASPと類似した用語に『クラウド』や『SaaS』があります。どちらもASPと非常に似た意味で使われますが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

クラウドとは

インターネット経由でソフトウェアやデータを利用する形態を「クラウドサービス」と呼びます。ASPとクラウドは、どちらもネットワーク経由で利用できるサービスという意味では同じものを指しているように思えますが、クラウドはASPを提供するための技術を、ASPはサービス事業者もしくはサービスそのものを意味します。

 

また、ECの分野においてもASPとクラウドは区別されることがあるので、注意しなければいけません。

 

例えばASPで構築したECサイトは、前述の通り拡張性やカスタマイズ性に劣ることが多いです。導入コストや月額費用は安く済むものの、売上拡大を機に外部サービスとの連携が可能なサイトへ作り替えなければいけないなど、導入後に多大なコストが必要となる場合もあります。

 

一方、クラウドECは月額費用こそASPより高額ですが、企業ごとにカスタマイズが行えるうえ、基幹システムとの外部連携が容易なので、カスタマイズモデルへサイト移行する際などのスイッチングコストを抑えることが可能です。

 

事業規模や成長戦略にもよりますが、数年先のことまで考えると、クラウドECの方がASPよりもトータルのコストでは安価だった、ということも考えられます。

  お問い合わせはこちらから

SaaSとの違い

SaaSもASPやクラウドと混同されがちな言葉です。ASPは前述のように、元々はサービスを提供する事業者を指す用語ですが、SaaSとは『Software as a Service』の略で、クラウド上で提供されるソフトウェアそのものを指します。

とはいえ、ASPとSaaSは同じ意味で用いられることが多く、厳密な違いはないと理解しておいて問題はありません。

 

ただし、ベンダーによってはSaaSをASPの発展形と捉えているなど、両者を区別しているケースもあるので注意が必要です。

例えばASPを「シングルテナント」、SaaSを「マルチテナント」と区別するような場合があります。

「シングルテナント」とはサーバーやソフトウェアを1ユーザー毎に1セット用意する方式で、「マルチテナント」はサーバーやソフトウェアを複数のユーザーで共有する方式を指します。

 

各ベンダーがASPとSaaSをどう定義づけているか事前に確認しておくと、誤解が生じずスムーズにやり取りができるでしょう。

   

ASPは気軽に導入することができるサービス

今回はASPについての概要や、そのメリット・デメリットについてご紹介しました。

ASPは初期コストを抑えてスピーディーにシステムを導入でき、管理の手間やコストもかからないので、手軽にECサイトを構築したい企業にはメリットの多いサービスといえます。

バージョンアップなどの作業も提供事業者が実施してくれるので、常に最新の状態に保たれたシステムを利用できる点も魅力です。

 

その一方で機能の拡張性やカスタマイズ性には乏しいため、大規模システムや独自のシステムを構築したい場合には不向きという面も持っています。

 

特にECサイトにおいては、商品点数や事業の拡大に合わせてシステムを拡張したり、外部システムと連携したりすることも考えられます。ASPを導入する際には、自社の事業計画や目標の達成に十分な機能を有しているかを事前にチェックするようにしましょう。


お問い合わせはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

お電話でのお問い合わせ

03-3486-4118

平日9:00~18:00

お気軽にご相談ください!