Web集客とは? ECサイトで使われる手法の種類と特徴を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトは立ち上げただけで終わりではありません。売り上げを効率的に伸ばし続けるためには、集客を考えることが重要です。

しかし、スマホが普及した現在、Web集客には多様な種類があり、それぞれメリットやデメリットが存在します。そこで今回は、主なWEB集客での集客手法とそれぞれの特徴をご紹介していきます。

   

Web集客とは?

Web集客とは?

 

Web集客とは、Webサイト上でユーザーを集めることを意味する言葉です。Webマーケティングと呼ばれることもあります。

 

インターネットを利用するユーザーが増加した現在、検索サイトや大手SNSサイトで集客を行いECサイトへの流入を増やすことは、企業認知度の向上や売上増加などの効果が見込めるため重要度が増しています。

 

特にWeb集客は多くの場合、低コストながら自社製品に関心の強いユーザーを狙って集客できるため、非常に費用対効果が高いマーケティング方法といえるでしょう。

 

Web集客の種類

Web集客には大きく分けて有料検索流入、自然検索流入、SNSからの流入、外部サイトからの流入、直接流入などに分けることができます。まずは、それぞれが具体的にどのような集客方法なのかをご紹介します。

 

有料検索流入

有料検索流入

 

有料検索流入はその名の通り、広告費をかけることで自社のコンテンツをユーザーの目を引くところに設定してもらうWeb集客です。リスティング広告や、ディスプレイ広告が代表的な有料広告として挙げられます。

 

(1)リスティング広告

リスティング広告は「検索連動型広告」や「クリック型課金」、「PPC広告」とも呼ばれ、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、検索したキーワードに応じて表示される広告のことです。

広告が表示されるだけでは費用は発生せず、実際にユーザーがクリックした段階で課金されます。

 

(2)ディスプレイ広告(DSP等)

Webサイトなどの広告枠に表示される画像や動画、テキストのことをディスプレイ広告といいます。バナーで表示されることが多いため、「バナー広告」と呼ばれることもあります。

ディスプレイ広告の料金体系はリスティング広告と同じく、クリックされることで料金が発生するクリック単価制が主流です。

 

自然検索流入

自然検索流入

 

自然検索流入とは、Googleなどの検索エンジンの検索結果からユーザーが直接サイトへ訪問するものです。リスティング広告の場合は「広告」という表記が出てしまいますが、自然検索結果では「広告」という表記はありません。

 

自然流入による集客数を増やすためには、SEO対策が重要です。SEO対策(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」の略であり、検索結果の自然検索枠で上位表示を目指す対策のことを指します。

 

⇒SEO対策とは? 目的や上位表示のためのポイントをわかりやすく解説

 

外部サイトからの流入

外部サイトからの流入

 

他のWebサイトに貼られたリンクから自分のサイトに訪問してもらうのが、外部サイトからの流入になります。

 

良質なコンテンツを多くのユーザーに認知させ、自社サイトのページをリンクしてもらうのが外部サイトからの流入を増やす主な方法です。または、ブログなどにサイトの紹介記事を投稿してもらう方法もあります。

 

直接流入

直接流入

 

検索エンジンや他サイトのリンク経由ではなく、お気に入りやブックマークからサイトに直接訪問するのが直接流入です。メールマガジン(メルマガ)に貼られたリンクからの集客も直接流入に当たります。

 

お気に入りに登録してもらい直接流入を増やすためには、ユーザーが何度も足を運びたくなるような充実したサイト作りが必須です。

 

SNSからの流入

SNSからの流入

 

FacebookやTwitter、Instagramなど、各種SNSサイトに投稿した記事からの訪問がSNSからの流入です。

投稿内容と関係性が高いフォロワーを集めれば、自然とSNSからの流入も増えやすくなります。SNSによっては有料で独自の広告を出せるので、運用初期はコストをかけてフォロワーを集めるのも手です。

 

その他の集客

その他の方法として、ブログやアフィリエイトをうまく活用することで集客することも可能です。

 

リスティング広告などの広告は通常、クリックされると費用が発生しますが、アフィリエイトはCV(コンバージョン)に至った場合にのみ成果報酬として広告費が発生します。

 

各Web集客のメリットやデメリット

各Web集客のメリットやデメリット

 

どのWeb集客も、サイトの流入を増やす手段という点では一致しますが、それぞれ特徴が異なります。各Web集客の持つメリット、デメリットは以下の通りです。

 

リスティング広告

<メリット>

・即効性

リスティング広告を出稿するにはGoogleやYahoo!の審査が必要ですが、審査さえ通過すればリスティング広告はすぐに始めることができます。

 

・狙ったユーザー層に訴求できる

どのキーワードで表示するかを上手に設定できれば、訴求したいターゲットに対して効率よくアピールが可能です。

 

・効果検証しやすい

リスティング広告はクリックされない限り広告費がかからず、費用対効果が見えやすいため効果検証もしやすく、PDCAサイクルを回すことでより効果的な広告出稿ができるようになるのもメリットです。

 

<デメリット>

・予算がかかる

クリックされない限り課金されない点はメリットといえますが、GoogleとYahoo!で別々に出稿する必要があるうえ、設定した予算を超えてしまうと広告は停止されてしまいます。

 

また、人気のキーワード(ビッグキーワード)のクリック単価は高く、1クリックで5,000円以上というケースも少なくありません。そのため、クリック単価が高いキーワードで出稿すると運用の予算も莫大になってしまいます。

 

・「広告」という表示が出てしまう

リスティング広告は「広告」という文字が出てしまい、ユーザーによってはクリックを避けるケースが考えられるのもデメリットです。

 

ディスプレイ広告

<メリット>

・潜在顧客へアプローチができる

ディスプレイ広告はターゲットの興味関心や趣味ごとに表示されますが、リスティング広告とは異なりポータルサイトのトップページなどに掲載されます。

そのため、自社製品やサービスへの関心が薄い潜在顧客を含めて、より幅広いユーザーへのアプローチが可能です。

 

・商品の認知度UP

ディスプレイ広告は、インターネットを使用しているときにさまざまな場面で広告が表示されるほか、画像や動画の形式で出稿することもできるため、商品の広告が目に留まりやすく商品の認知度UPが期待できます。

 

・クリック単価が安い

ディスプレイ広告はリスティング広告に比べてクリック単価が比較的安く、比較的費用をかけずに出稿することができます。

また、リスティング広告とディスプレイ広告が同じ予算の場合、ディスプレイ広告の方が多くのユーザーにアピールすることができる可能性が高いです。

 

<デメリット>

・CVRが低い

SEM(リスティング広告やSEO)は、その商品やサービスを求めている人が検索してサイトを見てくれます。

しかし、ディスプレイ広告では潜在顧客に広告をクリックしてもらうことが主な目的のため、コンバージョンに至るケースはどうしても少なくなってしまいます。

 

自然検索流入

<メリット>

・何回クリックされても費用が掛からない

リスティング広告はクリック型課金になりますが、SEOの場合は何回クリックされても費用は掛かりません。

もちろん、SEO対策を業者に依頼している場合は費用が掛かりますが、一定の費用以上は掛からないのがメリットです。

 

・Google、Yahoo!の両検索エンジンを抑えることができる

GoogleとYahoo!は同一の検索エンジンを使用しているので、GoogleでSEO対策を実施し上位表示できれば、Yahoo!でも上位表示ができます。

一つの対策で、二つの検索エンジンを抑えられるSEO対策は、まさに「一石二鳥」といえます。

 

・マーケティング効果が高い

一般的には、自然検索結果で上位表示されるとクリック率やCVRが高いなど、SEO対策は最もマーケティング効果が見込める方法とされています。そのため、Web集客においてはSEO対策をベースに進めることが前提といえるでしょう。

 

<デメリット>

・絶対に上位表示されるとは限らない

SEO対策を実施しても、必ず上位化されるとは限りません。また、間違った方法でSEO対策を実施すると逆効果というケースもあります。

特にSEO業者を利用する場合には注意が必要で、どのような形で順位を上げていくのか、ノウハウはしっかりしているのかなどを事前に確認するのが重要です。

 

・上位化までに時間がかかる

リスティング広告の場合は審査さえ通ればすぐに広告が表示されますが、SEO対策に関しては対策を講じても、すぐに結果が表れません。

うまくいけば早期に順位が上がるケースもありますが、効果が出るまでに数か月程度の時間を要するのが一般的です。

 

外部サイトからの流入

<メリット>

・SEO対策になる

他サイトにリンクを貼ってもらうことを被リンクと呼びますが、この被リンクが多いほど外部サイトからの集客の可能性が高まるだけでなく、被リンクの増加は検索順位の向上にも効果的です。

 

被リンクを増やすことで、外部サイトからの集客数の向上が見込めるだけでなく、自然検索結果の順位が上がる可能性もあります。

 

<デメリット>

・不確実性が高い

外部サイトからの流入はユーザーの動きなどによるところが大きく、比較的不確定要素が強いため安定感に劣ります。

基本的には他のWeb集客と同時に行い、外部サイトからの流入も見込むのが良いでしょう。

 

直接流入

<メリット>

・安定感が高い

一度Webサイトをお気に入りしたユーザーは継続的に流入する可能性が高く、安定した集客が見込めます。

 

・SEO対策につながる

直接流入を増やすために必要な質の高いコンテンツはSEO対策にもなるため、直接流入を伸ばす施策を行うことで、結果として自然検索流入の向上にもつながります。

 

<デメリット>

・直接流入につなげるまでが困難

直接流入の数を増やすには、そもそもサイトをお気に入りに登録してもらわなければいけません。そのため、「またこのサイトを見たい」とユーザーに思わせる良質なコンテンツなどの用意が必要です。

 

SNSからの流入

<メリット>

・無料で行える

各SNSのアカウントさえ取得すれば、無料で運用することができます。また、製品情報をはじめ、自社サイトのコンテンツ紹介など、運用方法によってはさまざまな使い方が可能です。

 

・幅広い層にアプローチできる

SNSごとにメインユーザーの年齢層は若干異なります。複数のSNSを使い分けることで、若年層をはじめとした比較的幅広い層へのアプローチができます。

 

・比較的短時間でも集客につなげやすい

有名人やインフルエンサーなど、SNSで影響力のあるアカウントに投稿を拡散してもらえれば、短時間でも多くの集客を見込める可能性があります。

 

<デメリット>

・運用担当の企画力に左右される

効果的にSNSのフォロワーを増やし集客につなげるには、企画力をはじめとした、投稿が拡散されやすい土壌が必要になります。また、一度投稿して拡散されなかった場合、その投稿で集客を見込むことは困難です。

 

Web集客は自然検索流入を増やすことが重要

どのようなWeb集客をメインに活用するとしても、前提として自然流入数を増やすことが成功のポイントとなるのは間違いありません。そのためには、サイト全体の質を上げる、良質なコンテンツを多数掲載するといったSEO対策を行い、検索結果を上げることが重要です。

 

SEO対策を根幹におきながら、自社のECサイトで販売する商品・商材の特性を生かして、集客効果が最大化できる広告方法を検討すると良いでしょう。

お問い合わせはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

お電話でのお問い合わせ

03-3486-4118

平日9:00~18:00

お気軽にご相談ください!