創業60年、美味しさを“ぎゅっ”と詰め込んだお菓子でやさしい笑顔を届ける株式会社母恵夢

このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいお菓子をお届けすることで、人々を笑顔にすることを経営理念に掲げる株式会社母恵夢(ぽえむ)。1956年の創業以来、ブランドを代表する銘菓『母恵夢』など人気の高い和洋菓子の製造販売で瀬戸内を代表するお菓子メーカーとなり、地域社会の発展に貢献していることでも知られている。そんな同社は、2021年7月1日にメルカートを導入しECサイト「母恵夢オンラインショップ」をリニューアルした。そこで同社が持っていた課題感やリニューアルの狙い、メルカート導入の理由や今後の展望等について聞いた。

今回お話を伺った方

母恵夢担当者様
  • 株式会社 母恵夢
    企画・通販課 課長
    大森 廣人 様
  • 松田 ゆたか 様

メルカート導入の目的・課題・効果

目的
  1. ECサイトをリニューアルして運用効率を上げ、マーケティング施策を実現しやすくする
課題
  1. サイトアクセスを増やすためのマーケティング施策が実行しづらい
  2. 会員ランク制度などを導入してECサイトの価値を上げたい
  3. 顧客情報などのデータを活用しやすい環境を構築したい
効果
  1. ネット広告などの施策を実行して、訪問者数が前四半期から2.3倍増加した
  2. 会員ランク制度などを導入することに成功し、お客様一人一人を意識した運用を開始した
  3. 最新情報をダッシュボードに一本化し、積極的な情報収集・データ活用が可能になった

ECサイト運用を効率化して、マーケティング施策を実行し訪問者数が倍増、新たなEC戦略展開へと歩を進める

はじめに御社の事業内容と、現在ECサイトで取り扱っている商品点数等を教えてください。

株式会社母恵夢は多くの人々を笑顔にする和洋菓子の製造販売に取り組んで地域社会の発展に貢献する会社です。現在、ECサイト「母恵夢オンラインショップ」では様々なセット商品を含めて約30~40種類の商品を取り扱っています。

 

ECサイト独自のお得感やよろこびが感じられる展開を心がけ、時節に合わせてパッケージやセット内容を変更するなどしてキメ細やかなラインナップを維持する工夫をしてきました。この中心になっているのは通販限定商品と通販用セット商品「Ouchi de POEME(おうちでポエム)」です。後者は人気商品を詰め合わせており、とくにお客様からご好評をいただいています。

母恵夢キャプチャ1

競合他社に対する強みはどういった点にありますか?

EC事業に限らず当社は「正直なお菓子づくり」が理念です。できるだけ新しいものを安心・安全な状態でお客様の手元にお届けできる店舗運用をしていることが強みになっています。

ECサイトをリニューアルした背景を教えてください。

以前は自社サイトをリンクさせる形で他社のECサービスのカートを利用していたのですが、2021年7月1日にメルカートでECサイト「母恵夢オンラインショップ」をリニューアルオープンしました。

 

ECサイトをテコ入れしようと考えた背景には、コロナ禍で在宅時間が増えて自宅でお茶を楽しむ層が拡大したことで、ECサイトの販売が伸びたことが第一にあります。この状況に対応していかないと会社として生き残っていけないといった想いがありました。

 

その点から見ると旧サイトは注文状況や顧客情報といったデータが上手く扱えないシステムで、さらにECサイトの強みといえる会員ランク制度やポイントなどの施策が実行できない制限があり課題を感じていたのです。

母恵夢キャプチャ2

メルカートの導入に際してどのような点を考慮したのでしょうか?

導入にあたっては数社のサービスを比較検討し、その中でメルカートは実績が豊富で安心できると感じられました。

 

さきほど申し上げたように当社は安心・安全をとても大切にしています。カートの選択にあたっては、お客様がECサイトを利用する際に使いにくさや不安を感じさせたくないと考え、お客様の使い勝手が良く、気分良く利用できるECサイトを構築できることを重視してメルカートを選びました。

 

そして、運用をしていて何か問題があったとしてもエートゥジェイにはレスポンス良く対応してくれるサポート体制があると判断できたことも選択のポイントになりました。当社と取引のある会社の担当者にメルカートの使用経験があり、話を聞いて良い印象を受けていたことも影響しています。

データ活用について、以前はどんな課題があったのでしょうか?

以前、顧客情報はExcel等を使って管理していましたが、どうしても時間がかかってしまい積極的に販売施策等が実施できない状態でした。メルカートならシステムで顧客情報が管理でき、購入金額等の確認も簡単に確認できると判断できたため、この課題を解決できると考えたのです。

母恵夢キャプチャ3

Excelでの顧客情報管理は大変だったのではないでしょうか?

そのとおりです。個人情報は厳密に扱わなければならないこともあり、旧ECサイトでは顧客情報等をシステム内部のデータから管理部門が取得して利用していました。さらにHTML等の管理を別会社に依頼していたこともあってデータ管理やECサイト制作などが一本化できておらず、バックオフィスの管理が厳しい状況でした。

 

現在はメルカート上にアクセス情報などが一覧できるダッシュボードを作成してもらっています。ここにはメルカートだけでなく「Google Analytics」等のデータも表示されていて、ECサイトの訪問者数だけでなく「どの県から買いに来ているのか?」といった最新データがまとめられているので手軽に積極的な情報収集ができるようになりました。

 

以前より遥かにマーケティング関連の施策が立てやすくなっています。またデータの取り扱いもメルカートに集約されているため、簡単にデータを参照して会議などで活用できるようになりました。

メルカートを導入して、どのような手応えを感じていますか?

世相の移り変わりが激しく、現状ではECサイト自体の動きが落ち着いてきている面もあるのですが、2021年10月から12月までオンライン広告を出稿したことなどから訪問者数が増加したと実感しています。7月から9月は自社ホームページからの流入が主となっていて他からの流入が少ない状況でしたが、現在は約2.3倍になりました。広告からの流入が60%を超えていますので、かなり効果があったと感じています。

母恵夢キャプチャ4

広告などのマーケティング施策はエートゥジェイに相談しているのですか?

もともと広告出稿の予定があっても機会がない状況でしたが、エートゥジェイから前向きな提案がもらえて踏み出すことができました。キーワード選定やSNS向けを含めて広告の管理をお願いしています。効果的に動かしてもらえていると評価しており、今後その結果などを見ながら新企画を2社で検討していきたいと考えているところです。

 

導入後のサポートやシステムの調整に関しては当社からのリクエストに対し2~3日中にはエートゥジェイが対応してくれるので満足しています。電話をかけてもすぐ対応してくれますし、小回りの利く体制でサポートしてくれるのでありがたいと感じています。使用していて問題は感じないですね。数字などの管理が丁寧で、広告の進捗状況や効果測定をした結果などを常に伝えてくれるので助かっています。

メルカートにはギフト購入機能がありますが、使用してこの機能をどう評価していますか?

同一の発注に対して、多方面の宛先を設定、選択できるのは非常に良いと評価しています。また、購入手続きを進めてから数量を調整できる機能はお客様から「使いやすい」とコメントをいただいています。ギフトの希望納品日の指定を現在は備考欄に記入していただくことで対応しており大きな問題は感じていませんが、もう少しキメ細かく指定できるようになるとうれしいですね。

母恵夢キャプチャ5

SNSからの流入は増えていますか?

SNSに関しては2021年12月に本格的に始動しているのでまだまだですが、ECサイトに集客する流れをつくる意味で良い感触を得ています。

今後のECサイトなどインターネットを活用した展開について目標等を設定されていますか?

まず、売り上げの増加です。通販事業の拡大を考えていますので、そのためにECサイトの訪問回数などを増やしていくのが目標です。メルカートで会員ランク制度を実現していますので、制度をグレードアップして内容を充実させることでお得感などを打ち出して会員数を増加させ「母恵夢オンラインショップ」をお客様に選んでいただけるよう育てていきたいですね。

 

これからECサイトの販売は拡大すると見ており、この流れに乗り遅れないことが重要です。地方から新しい取り組みを発信していきたいので、他社よりも早く様々なことにチャレンジしていくことを構想しています。SNSについても発信力を高められる企画を立ててコンテンツを増やしていきます。

母恵夢キャプチャ6

メルカートの導入を検討している企業様にアドバイスがありましたらお話しください。

メルカートは実績も多く、安心安全でサポートのレスポンスの良さがあります。もし、ECサイトの導入やリニューアルを検討している中で当社と同じような悩みを持っていたり、お客様にできるだけ早く対応できるECサイトを構築したいと考えていたりするならメルカートを選択すると効果が期待できると思います。

  1. 社名

    株式会社 母恵夢

  2. 創業

    昭和31年3月1日

  3. 設立

    昭和41年10月1日

  4. 代表取締役社長

    岡田 淳一

  5. 本社・工場

    愛媛県東温市則之内甲2585-1


構築・運用・サポート

売れ続ける仕組みが作れるECネットショップ制作サービスをお探しの方はメルカートへ

成功のノウハウを集めた
実例集プレゼント!

デモも
受付中

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事