デジタルシフトとは? 意味やマーケティングにおける活用時のポイントを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンや高速なインターネット回線などの普及・発展によって、現代は誰でも簡単に情報を得られるようになりました。そのため、従来のテレビや雑誌などを活用したマーケティング手法では効果を実感しづらくなってきており、デジタル技術を活用したマーケティングにシフトし始めています。

デジタル技術を活用したマーケティングにおいて、「デジタルシフト」という言葉を聞くことも増えてきましたが、具体的にはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

ここでは、デジタルシフトの意味やマーケティングに活用する際のポイントなどをご紹介します。

   

デジタルシフトとは

デジタルシフトとは、経営やマーケティング、人材教育、生産活動など、すべての企業活動においてデジタル化を推し進めることを指します。ECサイトの活用やインターネット広告によるマーケティング戦略、WRやARといったIT技術を活用した商品紹介などが、デジタルシフトの一例です。

&nbps;

また、ビジネスシーンでは「消費者と企業が双方向にコミュニケーションを行える場をデジタル化によって構築すること」をという狭義の意味でデジタルシフトを使う場合もあります。

デジタルシフトとDXの違い

 

デジタルシフトと勘違いされやすい言葉に「デジタルトランスフォーメーション(DX)」があります。DXとは「進化し続けるデジタル技術(IT)が人々の生活に影響を与え豊かにしていく」という概念です。

 

どちらもデジタル化を推し進めるという意味では似ていますが、DXは個人の生活や社会そのものにも影響が及ぶような、広い意味合いで使われます。

デジタルシフトは自社のアナログ業務やサービスをデジタル化すること、企業とユーザー間の交流をデジタル化で充実させることを指す場合が多いです。

 

厳密に使い分けられているわけではありませんが、デジタルシフトよりもDXの方がより広い意味を指す言葉だと理解しておくと良いでしょう。

デジタルシフトが求められる理由

ではなぜ、現代の企業にはデジタルシフトが求められているのでしょうか。考えられる理由をいくつかご紹介します。

IT技術の進歩

AIやクラウドサービスの発展、高速な通信網の整備など、IT技術は日々進歩を続けています。このような最新のIT技術を駆使して、時代に即したビジネスプランを構築・運用することが、企業には求められています。

 

また、社内のデジタルシフトを推し進めることで、資料はPDFで共有しコピーしない、ソフトを活用して給与計算を行うなど、これまでは手間や時間がかかっていた業務を効率化できる場合がある点も、求められている理由のひとつといえるでしょう。

市場の変化

パソコンやスマートフォンの普及、高速なインターネット回線の整備などによって、現代は誰もがどこでも簡単にインターネットに接続できます。

そのような中で、情報収集を行う場が広告やチラシ、雑誌といったメディアから、インターネットへと変化しつつあります。この流れは、今後も変わることはないでしょう。

 

また、ECサイトの広がりにより、スマホを活用して商品の情報収集から購入までを完結できるようになったことも見逃せません。従来のように店舗に実際に行く必要がなくなり、消費者の行動そのものも大きく変化しました。

企業側もデジタルシフトを行わないと、利益をあげるのは難しくなりつつあるといえます。

デジタルシフトをマーケティングに活用するポイント

企業活動においてデジタルシフトを行う場合は、マーケティングの領域から始めるのがおすすめです。これは、マーケティングは消費者の反応が見えやすく、自社の課題や方向性の確認もしやすいためです。

ここでは、デジタルシフトをマーケティングに活用するポイントをご紹介します。

ターゲットを明確にする

消費者の年齢や性別、嗜好、マーケティングを行う目的などによって、アプローチの仕方は異なります。マーケティングを行う際は、ターゲット層やマーケティングの目的を明確に定めておくことが重要です。

 

また、ターゲット層に合わせて、マーケティングを行うチャネルも絞り込む必要もあるでしょう。例えばSNSサイトの場合は、InstagramやTwitter、Facebookなど、サイトごとに利用者層は大きく異なります。

若年層がターゲットの場合はInstagram広告を活用する、ニーズがはっきりしている消費者に向けてはリスティング広告を出稿するなど、アプローチの方法を都度考えることが大切です。

ビッグデータを活用する

デジタルシフトを推し進めるうえでは、ビッグデータの活用も重要です。ユーザーの購買データや閲覧履歴など、さまざまなデータを収集・分析することで、消費者が求めていること(ニーズ)を把握しやすくなります。

マーケティングで収取したデータを活用し、次の広告出稿にフィードバックしていくというサイクルを回して行けば、自ずとマーケティングの効果を高めることができるでしょう。

将来像を明確化する

デジタルシフトは短期的に成果を求めづらく、取り組んだとしても絶対に成功するとは限りません。企業戦略を決めるうえでは、自社の将来像を明確にし、長期的にデジタルシフトに取り組むことが求められます。

自社の将来像や、そこに至るにはどのようなデジタルシフトが必要なのかを考え、長い視点で時間をかけて施策を行うことが重要です。

デジタルシフトを推進していこう

IT技術の急速な進歩により社会が変化する中で、あらゆる企業活動をデジタル化していくデジタルシフトは重要性の高い取り組みになりつつあります。特にマーケティング活動においては、デジタルシフトを活用した戦略の構築が欠かせません。

自社の現状や消費者のニーズを分析したうえで、デジタルシフトを推進していきましょう。


構築・運用・サポート

売れ続ける仕組みが作れるECネットショップ制作サービスをお探しの方はメルカートへ

成功のノウハウを集めた
実例集プレゼント!

デモも
受付中

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事