マルチテナントとは? メリット・デメリットやシングルテナントとの違いを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASPやクラウド、SaaSなどのサービスを検討している際に、「マルチテナント」という言葉を見聞きしたことがあるかもしれません。しかし、マルチテナントとはどのようなもので、どういった特徴があるものかご存知ない方もいらっしゃるでしょう。

 

この記事では、マルチテナントの概要やメリット・デメリット、シングルテナントとの違いを解説します。

   

マルチテナントとは

 

マルチテナントとは、複数のユーザーが同じサーバーやアプリケーション、ソフトウェアといったサービスやシステムを共有する方式です。同一のサーバーやデータベースを仮想的に分割し、各ユーザーはそれぞれ与えられた領域を利用できる仕組みになっています。
現実世界でいうと、雑居ビルやショッピングモールなどの中に、さまざまな企業やショップが立ち並んでいるイメージです。

 

複数のサーバーやデータベース、アプリケーションを統合することによってリソースを有効活用し、運用管理の手間を削減することによって、より安価にサービスを提供できるのがマルチテナントといえます。

また、マルチテナントを実現する際に複数のサーバーやデータベースを統合する技術のことを「マルチテナント・アーキテクチャ」と呼びます。マルチテナント・アーキテクチャでは、顧客情報などをひとつのデータベースに集約できるため、複数のブランドを展開している場合は管理運用がしやすくというメリットがあります。

 

マルチテナントサービスの例

マルチテナントは特にSaaS型のクラウドサービスで多く採用されています。
SaaSは従来のようにソフトウェアを自社で保有するのではなく、インターネット経由で提供されたソフトウェアを利用する形式を指します。

具体的なマルチテナントの例としては、Amazonが提供する「AWS」や、Microsoftの「Azure」などが挙げられます。

 

ECサイトでは、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECモールも、ECプラットフォームを提供するマルチテナントサービスの一形態といえるでしょう。それ以外には、ASPやクラウドECなどでもマルチテナント型を採用しているケースが見られます。

 

マルチテナントのメリット

さまざまな場面で活用されているマルチテナントですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ECサイトにおけるマルチテナントのメリットをご紹介します。

 

素早くサイトを構築できる

マルチテナント型のサービスでは、サービスプロバイダが用意したサーバーやアプリケーション、データベースなどを複数のユーザーで使用します。
すでにある程度形になっているものを活用するため、ECサイトを素早く、比較的安価に構築できるのがメリットといえるでしょう。

 

システム運用の必要がない

自社でシステムを保有すると、OSやアプリケーションのアップデートをはじめ、サーバーの入れ替えやセキュリティ対策といった業務が発生します。

 

しかし、マルチテナント方式ならシステム運用業務をプロバイダ側が行うため、自社で運用する必要はありません。運用に掛かる人員やコストを削減しながら、リソースをECサイト運営に注力できるようになります。

また、必要なときに必要な分だけ利用でき、システムに負荷がかかる状況でも柔軟に運用できる点も、急なアクセス上昇が起こり得るECサイトでは見逃せないメリットでしょう。

 

マルチテナントのデメリット

マルチテナントを利用したECサイト構築にはデメリットもあるので、デメリットを踏まえた上で検討を進める必要があります。

 

セキュリティ面の不安

マルチテナントでは複数のユーザーと同一のシステムを利用するため、情報漏えいやデータが他ユーザーのものと混ざってしまう、という問題が起こる可能性があります。
そのためマルチテナント型のサービスを選ぶ際には、どのようなセキュリティ対策がなされているかを把握しておく必要があります。

 

万全を期すならば、ユーザーごとにデータベースを分離しているなどのセキュリティ対策がとられたサービスを選定するとよいでしょう。

 

デザインなどの自由度は低いことが多い

マルチテナントは、サービスプロバイダが事前に用意したシステムをそのまま利用する形態なので、比較的安価かつスピーディなECサイト構築が可能です。

 

一方で、テナントごとにサイトデザインや外部システム連携などのカスタマイズができない、あるいは制限が多く、サイト構築の自由度が低いというデメリットがあります。

ECサイトを立ち上げた当初はそれほど問題にならないとしても、事業が拡大するにつれて、自由度の低さが足かせになる場合もあるため注意が必要です。

 

マルチテナントとシングルテナントの違い

マルチテナントと同時に語られる方式に、シングルテナントがあります。マルチテナントと比較して、どのような違いがあるのでしょうか。

 

シングルテナントとは?

同一のサーバーやデータベースを複数のユーザーが共有するマルチテナントに対し、シングルテナントはサーバーやデータベースを1ユーザーで占有する形態です。雑居ビルを間借りする方式であるマルチテナントと比較して、シングルテナントは自社ビルをイメージすると理解しやすいでしょう。

また、マルチテナントがSaaS型で多く活用される一方、シングルテナントはPaaS型のサービスでよく採用されます。

 

PssSとは「Platform as a Service」の略で、サーバーやOSなど、ソフトウェアの実行基盤をインターネット経由で提供する事業モデルです。SaaSではソフトウェアをインターネット経由で提供するのに対し、PaaSは実行基盤のみを提供する点に違いがあります。

 

シングルテナントの特徴

シングルテナントはサーバーやアプリケーション、データベースなどをユーザーごとに用意するため、マルチテナントと比較するとコストが高くなり、導入にも時間を要します。しかし、1ユーザーがシステムを占有するため、カスタマイズ性が高く、セキュリティ面においても有利です。

 

そのため、ある程度の規模を持ったECサイトにおいては、マルチテナントよりもシングルテナントを採用したほうが有用なケースがあります。

 

マルチテナントならスピーディなサイト構築が可能

マルチテナントは、ひとつのサーバーやデータベースを複数のユーザーが活用するため、スピーディかつ低コストでECサイトを構築することができます。システムのバージョンアップやセキュリティ対策を外部に委託できる点も、運用にリソースを割くことが難しい企業にとってはメリットとなるでしょう。

 

とはいえ、マルチテナントにはセキュリティ面の不安や、サイトデザインの自由度が低いなどの問題点もあるため、メリットとデメリットを見極めた上で採用する必要があります。

 

マルチテナントとシングルテナントの選定は、ECサイトの規模が判断基準のひとつです。しかし、EC事業の拡大とともにサイトデザインの見直しや、既存システムとの連携を図らなければ運用が回らないといった事態が起こることも考えられます。そのため、自社のEC事業の将来性も考慮して判断する必要があるでしょう。

お問い合わせはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加

お電話でのお問い合わせ

03-3486-4118

平日9:00~18:00

お気軽にご相談ください!